スポンサーサイト

     --,-- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    琅琊榜 人物家系図 & 制作発表会とインタビューの翻訳(一部抜粋)

     24,2015 19:35
    nirvana_in_fire_04_03.jpg


    ※さらに画像足しました(。・ω・)
     画像表示が変な時は、再読み込みしてください。



    Happy Merry Christmas!


    どうもみなさまこんにちは!!
    ごきげんよう。響です。

    メリクリでございます(^ω^)

    でも我が家では毎度のことながら
    平日は普通の日です(笑)

    でもチキンとケーキぐらいは用意するかな(。・ω・)


    あ、クリスマスといえば、明日12/25は
    チャットの日です(。・ω・)ノ


    12/25 21:00~25:00 予定。
    チャットルームはこちら。

    良かったら遊びに来て下さいねー。
    チャットは、サイドバーからも入れます。
    お気軽にどうぞ☆



    さて、琅琊榜、第4話のレビューの前に、
    先日作った、人物家系図を載せたいと思います!

    あと、琅琊榜の制作発表会(北京でのもの)と、
    劉涛(リウ・タオ)のインタビューの一部翻訳。


    人物家系図は、第4話であらかた関係性が描かれたので
    まあいいか、というのと、

    制作発表会の翻訳は、第4話のシーンについての
    コメントが入っているからです(。・ω・)



    ☆ご注意☆

    1.ネタバレについて

    家系図には、多少、ネタバレが含まれます。


    ストーリーの本筋がネタバレするようなことは
    ありませんが(たぶん)、傍流の王子の名前や、その生母など、
    第4話の時点で、出て来ていない名前や設定も入っています。

    ストーリーの本筋にはほとんど関係ない部分だったり、
    ドラマの中では最後まで語られない、細かい設定
    だったりなので、載せてしまいましたが、
    気になる方はご注意ください。


    制作発表会やインタビューの翻訳について、
    翻訳部分には、ネタバレはありません。

    ただし、ネタ元の動画や記事を、翻訳該当部分以外も
    全部見ると、先の話数のネタバレ画像や記載も
    含まれていますので、ご注意ください。




    2.BLについて

    翻訳の中に、BLを匂わせる記述が入っています。


    まー、冗談の範囲と思いますが、
    こちらも苦手な方は、ご注意ください。

    わたし自身は、腐女子ではありません。
    特にBLを否定はしませんが、
    積極的に萌えるというほどでもありません。

    どちらかというと、男同士の友情や義兄弟の絆とかは
    いいな~と思いますが、なんでもかんでもすぐ恋愛感情に
    結び付けるのは、「?」と思うこともあったりなかったり。

    しかし、仲の良さに萌えるというのはagreeです。
    同性愛自体も、個人の自由で、むろんありだと思ってます。
    というスタンス(。・ω・)




    とにかく、

    ほんの少しのネタバレもNG、
    BLも論外という方は、
    ご覧にならないように注意してください。



    「ネタバレしたじゃないかこのやろう!!( `ω´)」とか
    「BL嫌いなのに!!( `ω´)」という苦情は
    受け付けませんので、自己責任でお願いします。。。


    とりあえず、この記事のトップ画像すら嫌悪感を
    覚えるような人は、見ないほうがいいですね(笑)

    わたし的にはあれは、仲良し兄弟の
    癒し画像ですが(。・ω・)


    以上、ご了承頂ける方のみ、先にお進みください(。・ω・)ノどぞー




    ++++++++++++++++++++




    琅琊榜 制作記者発表会(北京衛視 発布会)

    ※例によって、英語に翻訳されているものを、日本語に訳したものです。

    ★ネタ元記事はこちら
    ★ネタ元動画はこちら

    ※動画を全部見ると、第4話よりあとの
     ネタバレ動画が入っています。
     未見の方は、ご注意ください。


    胡歌(フー・ゴー)/ 劉涛(リウ・タオ)/王凱(ワン・カイ)



    (動画 5:30あたりから)

    女性司会者:えっと、まだどなたも上海に発たれていないので
       (※このあと、出演者の何人かが、上海に
       行く予定という話だったっぽい)聞いてみたいのですが、
       あなた(胡歌)は、あちらに座っているみなさん(出演者)と
       (劇中で)関連があり、みなさんのことをよくご存じだと思いますが、
       あなたの中で、完璧なカップルは誰だと思いますか?

    (胡歌が、王凱をじっと見つめる)

    女性:視線がすべてを物語ってますね~!

    胡歌:ドラマの中で私がしたことはすべて、ただただ彼のためなんですよ!

    女性:それはこわいですねえ(笑)

    男性司会者:待って、どういうこと?

    女性:ああいう目線は、学んで出来るものじゃないですよね

    男性:彼は、誰を見ていたんだ?

    (場内爆笑、王凱がステージに上がる)



    胡歌:「私はあなたを選びます、靖王殿下」というシーンを
       撮っている間、何度もNGを出し、撮影を台無しにしてしまいました。
       「私はあなたを選びます」というのは、ゆっくり発音すると、
       「私はあなたが好きです」みたいに聞こえるんですよ(笑)

    ~~

    劉涛:……私は、胡歌はウォレス・フォのものだと聞いていたんですが、
       このドラマのあとは、胡歌は王凱のもの、もしくは
       梅長蘇はみんなのもの、とも言えると思います。




    えー、王凱がステージに上がった後、話の流れで
    胡歌が、王凱に向かって、
    「I want you!」と叫ぶシーンがあります。
    (07:15あたり)


    腐女子向けリップサービスか?


    という感じですが(笑)




    あと、この動画、ニコニコ動画みたいに、
    画面上に視聴者のコメントが入るんですが、

    胡歌が、


    「私がドラマの中でしたことは
     全部、彼のためなんですよ!」



    と言った時、


    「え、七万の赤焔軍のためじゃないの?w」


    とか


    「七万の赤焔軍が、梅嶺で泣いてるよ!」


    とか突っ込んでいる人がいて、噴きました(笑)


    まったくだ(笑)





    あと、日本だと、カップリングを示す時、
    キャラクターの名前を一字ずつ取って表記しますが、

    中国でも同じようで、

    『凱歌』とか『靖蘇』とか流れてましたね(笑)

    ちなみに日本だと、BLのカップリングについては
    先に名前が来たほうが攻(男役)、というルールがあったかと思いますが

    中国語でも同じなんですかね?(。・ω・)


    てか、わたしは、あえていうなら
    『蘇靖』じゃないのと思ったんですが

    ドラマだとそうでもないけど
    リアル王凱は、意外とアグレッシブなんですね(。・ω・)


    ネタ元記事はこちら
    ネタ元動画はこちらこちら



    王凱:えっと、僕は、12月15日から、新年まで上海にいるんだ。

    胡歌:そうか。僕は北京にいるよ。

    王凱:2月までずっと北京?

    胡歌:北京には、12月の半ばから、

    王凱&胡歌:1月半ばまで。

    王凱:で、それから? 上海に来るべきだろ(笑)

    胡歌:もし撮影が終わってなければ、

    王凱:僕に会いたくないのか?

    胡歌:最後まで言わせてくれよ(笑) もし撮影が終わっていなければ、……


    ++++++++++++++++++++


    女性:共演者の王凱と陳龍(※蒙摯役)に何かメッセージはありますか?

    胡歌:最初に共演したのは『琅琊榜』で、その次は『偽装者』でした。
       3回目は、……いつでもいいですよ(笑)

    女性:これは、おふたりに向けたものですよね?
       もしくは、あちらに座っている王凱にだけですか?

    胡歌:あー…。陳龍は裏にいるから、聞こえてはいるはずだけど……えーと。
       これは心からの言葉なので、どこにいようと聞こえてると思います(笑)


    訳注:別の訳し方をすると、
    「3回目の共演は、将来、毎日でもいいよ」となり
    なんかプロポーズみたいに聞こえる……。

    私は、「凱歌カップル」なるものにハマらないようにしてるけど、
    彼らも、疑わしい甘甘べたべたをやめるべきだと思う(笑)




    ぶふっ(笑)

    なんでしょうねー。

    韓国もそうですけど、中国も
    男性俳優の、腐女子向け?と思われるアピール
    多いですよね(。・ω・)


    掲示板では、胡歌は、言葉選びが絶妙過ぎると絶賛(?)でした。

    ギリギリのところでの意味深発言が
    非常に上手なので、やっぱり賢いんだろうなあと。



    ちなみに、『カップリング』は和製英語なので
    英語では『ペアリング』というようですね。

    BLは、まんまBLだったり、Bromanceという表記も見かけました。

    海外の腐女子にも、『BL』で通じるのかーと思うと
    日本のオタク文化も浸透したというか( ´ω`)


    海外の掲示板の中で、
    「『腐女』(中国語の腐女子だと思われ)って何?」とか
    「『同人』って何?」「『萌』ってどういう意味?」
    などなど見かけると、日本人としては
    ついつい笑ってしまいますね(笑)


    ちなみに、OTPという表記もよく見かけまして、
    なんだろうと思って調べたら、

    『One True Pairing』の略で、

    唯一絶対の神カップルとか、
    自分のお気に入り、もしくは推しカップル、
    みたいな意味っぽいですね(。・ω・)


    他にも、二次小説とかもいっぱい落ちてますね(笑)
    読んでないけど。

    二次小説は『fan fic (fan fiction?)』、
    イラストは『fan art』というらしいです。

    やー


    勉強になるブログだなあ

    (実生活で何の役にも立たない知識だけど(笑))


    二次小説は英語か中国語ですが、
    ご興味のある方は検索するといっぱい出てきます。


    おまけで、腐女子の方のために、
    『靖蘇』っぽい画像を探してみたんですが
    どうしても、ネタバレ画像が多いんですよねー。
    (写真を載せると、先のストーリーがバレる、、)


    なので、これくらいしかありませんでした。


    nirvana_in_fire_04_03_001.jpg


    楽しそうだなあ(笑)

    仲良しで、可愛いですね(笑)


    これはまあ……萌えなのかな?(。・ω・)

    nirvana_in_fire_04_03_002.jpg



    こっちのほうが好きかな(^ω^)

    nirvana_in_fire_04_03_003.jpg




    靖王の画像が少ないので、
    代わりに、飛流の画像でも(。・ω・)ええ、個人的趣味ですが何か。



    おんぶ。こういうのは、可愛くて癒されますね(笑)

    nirvana_in_fire_04_03_004.jpg



    おんぶ2。これもまたよし(笑)

    nirvana_in_fire_04_03_005.jpg



    こっちは、ちょっと狙い過ぎだと思います(。・ω・)

    nirvana_in_fire_04_03_006.jpg



    これは……コメントしづらい(笑)

    nirvana_in_fire_04_03_007.jpg


    これ、新郎新婦のお酒の飲み方じゃなかったでしたっけ?
    義兄弟でもこれやりました?



    最後に、楽しそうなスリーショット(笑)

    nirvana_in_fire_04_03_008.jpg




    やっぱり、個人的には、萌えというより、
    癒される or 楽しそうな画像のほうが好きですね(笑)




    さて次、劉涛のインタビュー。これも一部です。

    ネタ元記事はこちら



    劉涛:琅琊榜で最初にオファーされたのは、静嬪の役でした。
       しかしその後、ディレクターが、私は霓凰役のほうが
       合うのではないかと言って、霓凰になりました。
       なぜなら静嬪は、もっと全体に柔らかいトーンで、
       女性の柔らかさの中に鋼鉄のように硬い意思を秘めた
       キャラクターだからです。
       制作チームは、私がそういうキャラクターだと
       イメージしましたが、結局、霓凰のほうが合うだろう
       という結論でした。なので、彼らに
       「霓凰と静嬪の役どころの違いは何か」と尋ねたところ、
       「霓凰は、胡歌のキャラクターの相手役だ」と言ったので、
       すぐに「じゃあ、私が霓凰だわ!」と答えました(笑)

    インタビュアー:胡歌がお好きなんですか?

    劉涛:彼のことは本当に尊敬しています。
       彼は本当にすごい──真面目で、プロ根性があって、
       才能もある。そして謙虚なんです。
       彼は本当にすごい人だと思います。

    インタビュアー:では、胡歌と一緒の撮影の間に、彼について
            何か意外な発見などはありましたか?

    劉涛:ああ!(笑) 彼は少年みたいな人でした。
       なんて言ったらいいかしら?
       彼は、素ではすごく無邪気な人です。
       彼は、感情を抑える(和らげる)方法をよく知っていますが、
       その方法は、ユーモアにあふれています。
       彼は冗談を言うのが好きで、たとえば、
       自分のすね毛をジョークにしたりします(笑)
       でも、撮影が始まった瞬間に、落ち着いた、
       正確で鋭利な空気に変貌します。
       普段の少年のような振る舞いとは、別人のようです。
       彼は本当に頭がいい人だと思います。



    ※この後の記事は、5話以降の話が出てくるので割愛します。


    ていうか


    劉涛が最初、静嬪役だったのはびっくり


    靖王の年下の霓凰役と、母親役じゃ、
    年齢幅ありすぎでしょ~(笑)

    てか


    王凱のママより、
    胡歌の相手役のほうが
    いいに決まっている(笑)






    さて今回、第4話でいろいろと
    明らかになったので、まとめてみました。


    ☆皇帝の皇子たち☆


    第一皇子 祁王 蕭景禹 (生母:宸妃 林楽瑶)
    第二皇子 故人? (生母:?)
    第三皇子 寧王 蕭景亭 (身体が不自由。生母:恵妃)
    第四皇子 太子 蕭景宣 (生母:越貴妃)
    第五皇子 誉王 蕭景桓 (生母:祥嬪、養母:言皇后)
    第六皇子 ? (野心なし。生母:?)
    第七皇子 靖王 蕭景琰 (生母:静嬪)
    第八皇子 故人? (生母:?)
    第九皇子 ? (まだ幼い。生母:?)

    「?」になっているところについては、
    今後明らかになるところもあるし、
    分からないままのところもあります。



    で、家系図はこちら。

    ※クリックすると大きくなります。


    nirvana_in_fire_family_tree.jpg


    もうね


    人類みな兄弟


    みたいな勢いですね(。・ω・)


    兄弟っていうか、メインキャスト、みんな従兄弟ですね(笑)



    2点ほど、ひとつは、

    梁帝と莅陽長公主は皇后の子のようですが
    他は母親が誰かはわかりませんので、
    曖昧な表記になっています。


    もうひとつは、穆王府について、

    王の称号はだいたい皇太子以外の皇子が
    得るものですが、先代の王が現皇帝の兄弟
    という説明は、ドラマでは出てきません。
    (原作でも恐らく出てきてない?)

    なので、先代が皇子だったか、あるいは先々代や
    もっと前の世代が皇子だった可能性があります。

    (梅長蘇と霓凰は、従兄弟か、再従兄弟か、
     さらにもっと遠い血縁の可能性もあるということですね)

    そのへん曖昧なんですが、それ以外は、
    ほぼ合ってるんじゃないかと思います。



    やー。


    力作☆(自画自賛)


    役に立ったよ!という人は拍手を押そう!
    むしろ連打しよう!(意味ないけど)


    間違っても


    アホじゃないの(。・ω・)


    とか言わないように(。-ω-)泣いちゃうから(。-ω-)


    で、第4話のレビューですが、このあと別途書きます。
    週明けかもですが。

    それではみなさま、よいクリスマスをお過ごしくださいね☆


    あ、こちらの癒し画像は、クリスマスプレゼントです☆
    (拾いものだけど←)


    nirvana_in_fire_04_03_007.jpg


    てか、なんでいきなり抱っこしてるのかと思ったら

    昔、別のドラマ(少年楊家将)で共演した時に
    同じように抱っこしてたんですね(笑)


    nirvana_in_fire_04_03_010.jpg


    やー、大きくなりましたねー(笑)






    関連記事

    Comment - 4

    2015.12.25
    Fri
    02:56

    ペンペン 

    URL

    響さん、ありがとう。

    響さん、今晩は。

    明日(あ、もう今日)も普通に仕事だというのに、夜更かししてます。

    CGのトナカイに跨がるフォンさんに笑わせて貰った後、こちらに寄らせて貰ってます。

    記事のプレゼント、ありがとうございます。
    楽しく読ませて頂いています。

    「琅琊榜」を観た後は、「偽装者」を観るのが、自然の流れの様ですね。
    胡歌さん.靳東さん.王凱さんのお三人さんに、又会えますから。
    私は、そうなりそうです。

    クリスマスと言えば、お菓子の入った長靴(ブーツ)、プラ製になって、今でも売られていますね。
    アレは不滅なんでしょうかね。(笑)

    私は、若い頃の職場が四谷だったので、イグナチオ教会のミサの思い出も。
    上智大のモミの木にも豆電球が飾られて、この日だけ、にわか信者(ハイ、野次馬)の私です。
    聖歌の冊子が配られて、皆で合唱です。(野次馬ですが、参加)
    「静けき」を歌いましょうの言葉の後、流れて来たのは「清しこの夜」のメロディー。
    同じ曲でも、賛美歌とは、曲名も歌詞も違うって、知りませんでした。

    そして毎年、教会にとっては野次馬(ハイ、私です)の心の汚れも、洗い流される感じがするのでした。

    失礼しました。

    編集 | 返信 | 
    2015.12.25
    Fri
    13:10

    ゆら 

    URL

    ホントに力作!

    v-22響さま こんにちは!

    琅琊榜は身内の争い。仲良しさんとそうじゃない従兄弟
    がいて、林殊は子供の時から太子や誉王とそりが合わな
    かったんだろうか…?などと思ってました。

    会見の内容おもしろいですねー。
    劉涛の静嬪オファー、するんだそんなこと!
    今となっちゃ霓凰意外考えられないですけど。

    胡歌が霍建華のモノだとは知りませんでした!(笑)
    BLというか楽しそうな仲間ってのは良いですね。
    BLでお茶を濁しとけば、彼女の話題をふられなくて良い
    かも。

    私 何が原因で謀反の疑いをかけられ、悲劇が生まれた
    のかを知ってると思うのですが、言葉の壁でちょっと
    謎を抱えたままです。
    響さんの翻訳&レビューが本当にありがたいです。


    編集 | 返信 | 
    2015.12.25
    Fri
    20:52

    響 

    URL

    To ペンペン さま

    ペンペンさま、こんにちは!

    ずいぶん夜更かしでしたね~(笑)
    お仕事は大丈夫でしたか?(。・ω・)

    記事、楽しんで頂けたようで、よかった
    です(笑) なんとかイブに間に合わせた
    くて、無理やりアップしたので、あとから
    画像を足したりしましたが(。-ω-)

    わたしも『偽装者』見たいなと思っていた
    のですが、反日ものだということなので、
    ちょっと躊躇ってます。。。

    お芝居といえど、胡歌が日本を敵対視する
    のは、なんか辛いなあと(。-ω-)

    お菓子の入った長靴、懐かしいですね(笑)
    あれもこの季節の風物詩だと思うので、
    個人的には、なくならないで欲しいです(笑)

    イグナチオ教会は、知人の結婚式で行きまし
    た! 新婦が卒業生だったらしく。素朴で、
    素敵な教会ですよね。

    わたしも、クリスチャンでもないのに、独身
    の時は、よくミサに行きました。やっぱり、
    神父さまのお話や、聖歌や、ミサのあの静謐
    な雰囲気が好きで。本当に心が洗われる感じ
    がしますよね。

    今は夫が乗り気じゃないので行ってませんが、
    いつかまた機会があったら、行きたいです♪

    編集 | 返信 | 
    2015.12.25
    Fri
    21:01

    響 

    URL

    To ゆら さま

    ゆらさま、こんにちは♪

    梅長蘇より、林殊の時のほうが、太子や
    誉王のことは毛嫌いしてそうですよね(笑)

    会見やインタビュー、面白いですよね。
    ほんとは全編、何を言っているのか知りたい
    です……。せめて、中文でもいいから字幕が
    ついてたらなーと思うんですが。

    中国語のヒアリングは、さっぱりぽんです。

    今回、ウォレスのお誕生日記事を書こうと
    思っていろいろ調べていたら、胡霍CP
    (胡歌と霍建華のカップル)は有名らしい
    です(。・ω・) もはやお約束ネタのようです
    ねー。このへんはまた記事に書きますね(笑)

    しかし、BLでお茶を濁しておけば、彼女
    の話題を振られない、あるいは振られても
    逃げられるというのは大いにあるかもと
    思いました(笑)

    謀反の濡れ衣を着せられた原因ですか。もし
    チャットに来られるようでしたら、該当部分
    を教えて頂ければ、お答えできるかもしれま
    せん。確約はできませんけれども(。・ω・)

    編集 | 返信 | 

    Latest Posts

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。