花千骨 第10話 レビュー『私にはもう逃げ道がないの』

     05,2015 02:01
    journey_of_flower_10_03.jpg

    どうもみなさまこんにちは。

    最近、ぐでたまに妙な親近感を感じると言ったら
    「(私と)見分けがつかない」と夫に言われて、若干いらっとした響です。
    ごきげんよう。(よくない)



    さて、やっと第10話まで来ました!!


    祝☆二桁


    めでたいので、お気に入りの美しい子画を貼ってみました。うふふ。


    ああー。しかしこれでもまだ約1/5ですからね。。おっそ。。

    このペースだと、全50~58話?
    (話数区切りの違う二種類が出回っているので、
     公式には全何話なのかがわからない)

    全部訳し終わるのに、少なくとも年は越しそうな勢いですね、、。

    みなさま、のんびりお付き合いください(笑)


    ちなみに翻訳は、花千骨の日本での放送が始まって、
    話数が追いついたらそこでストップの予定だったんですが、


    当初、動画を見たい人の補助を想定して始めたこの翻訳、

    実は、想定した使い方よりもむしろ


    「動画は見る時間なさそうだから、
     これ読んで、見た気分になろうっと☆」



    という人のほうが多いんじゃないかと思い始め(。・ω・)

    そしたら最後まで書かないと中途半端ですかねー。


    つか

    翻訳を参考に動画見てる人、果たしているんだろうか……(笑)


    あ、翻訳はストップしてもしなくても、
    レビューは最後まで書きたいと思います(。・ω・)ノ


    そういえば、ブログ開設してから、いつの間にか一ヶ月が過ぎました。
    つか、40日くらいですか。

    もうすぐカウンターが1000です。


    すごい。


    こんな


    花千骨しかコンテンツのないサイト(笑)


    のべ1000人。


    いつもほんとにありがとうございます(。・ω・)ぺこり





    というわけで、以下、第10話のレビューです。


    ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意ください。
    視聴済み、あるいはネタバレOKの方は、おすすみください!(。・ω・)ノ




    そういえば、ブログのテンプレート変えたんですが、
    いまいち見づらい…(。-ω-)

    一ヶ月、保ったことだし(←)
    もうちょっとおされにしようかと思ったんですが、うーん。

    いっそ自分で一から組もうかと思いましたが、
    そうすると一週間ぐらいかかって本末転倒(。・ω・)

    というわけで、しばらく表示が二転三転すると思いますがお気になさらず。。。


    ++++++++++++++++++++




    今回の冒頭、ゴセンジャー結成の場面が語られまして

    五人の仙士が揃い踏み


    journey_of_flower_10_03_001.jpg



    この絵、すごく好きなんですけど、


    なぜ子画だけ袖が短いのか


    が気になって、仕方ありません。。。


    他のみんながおめかししてるので、
    子画も長いお袖がよかったわー。


    なぜひとりだけ、小袖(下着)姿みたいなことになってるんだろ(笑)


    そして紫薫(ズシュン)の舞がとても綺麗でした。

    journey_of_flower_10_03_002.jpg

    ドラマの中で、舞を舞うシーンがとっても好きさ~(。・ω・)w







    さて、今回、孟玄朗(モン・シェンラン)の正体がついに明らかに!!

    ばばーん!!



    蜀の第二皇子


    journey_of_flower_10_03_003.jpg



    ええー。


    皇族なのは分かってたので、まんまですね(笑)


    てか、皇太子じゃなくて第二皇子なのね。



    しかし、パパ皇帝の一存で、次期皇帝に指名されちゃったわけですが。



    「Youが次の皇帝ね。」

    journey_of_flower_10_03_004.jpg





    当然自分が皇位を継ぐと思っていた第一皇子は

    自分のものになると思っていたものが
    目の前で弟に奪われ


    journey_of_flower_10_03_005.jpg
    journey_of_flower_10_03_006.jpg



    唖然茫然、怒り心頭なわけで。



    波乱の予感。



    子画の予想通り、きっともう長留には戻ってこられないコースですね。



    しかし、個人的には第一皇子がちょっと気の毒でした。

    まー、彼が過去にどの程度やらかしたのかが
    わからないので、アレですけど。


    そこまで馬鹿皇子にも見えなかったので。


    「ぐすん。」

    journey_of_flower_10_03_007.jpg








    そういえば、前回のレビューで、花千骨は、
    馬に乗るシーンがまったく出てこないと不満を言っていたら


    今回、孟玄朗が皇宮にかけつけるシーンで、
    馬に乗ってましたね(笑)


    でもあれ、本人、乗ってないっぽかったけど!!(笑)


    journey_of_flower_10_03_008.jpg
    journey_of_flower_10_03_009.jpg



    まあでも花千骨では貴重な乗馬シーン、

    個人的にはよかったですが、

    でも緊急事態なんだから、孟玄朗だけ、びゅーんって
    空飛んで移動すれば良かったんじゃ??


    人に見られるとまずいなら、
    皇宮の近くで降りてそこから歩けばいいと思うんだけど。

    駄目なのかしら(。・ω・)

    だってあれ、ちょっと遅れてたら、
    死に目に会えてなかったですよね。


    (。・ω・)……でもドラマだからきっと孟玄朗が来るまで生きてたけどね……。





    そして、孟玄朗が帰国する際、
    見送りに来た千骨ちゃんと軽水(チンシュエイ)ですが


    journey_of_flower_10_03_010.jpg



    孟玄朗を見つけて


    journey_of_flower_10_03_011.jpg


    「朗兄さん!」

    「孟兄さん!」



    駆け寄ったところ、





    「千骨!!」

    journey_of_flower_10_03_012.jpg



    わー。



    軽水、眼中にないなー(笑)



    まあ、下手に気を持たせるよりはいいのかもですが、
    もう少し友達として最低限のラインは守ってあげてほしい…(笑)


    しかし、そんなことにめげない軽水。

    「これからはもっと自分で積極的に交流を持つ!」と立てた誓いを守ります。


    はっしと手を握り


    journey_of_flower_10_03_013.jpg



    肩に頭をぴとっ


    journey_of_flower_10_03_014.jpg


    あまりにあからさまで笑っちゃいましたが(笑)

    孟玄朗の固まり方も笑っちゃいましたが(笑)



    ていうかさ


    あれだ、軽水、



    それが出来るなら、香り袋
    ぐらい渡せるでしょ!Σ(。・ω・)




    いやだって、公衆の面前で


    「手をぎゅっ&肩に頭ぴとっ」 のほうが


    俄然難易度高くないですか(。・ω・)?


    わたしにはあんな真似は無理だー。


    無理っていうか、超無理。



    やーまあでも、恋する乙女が素直に頑張ってる姿は
    可愛いですね(^ω^)


    頑張れ軽水!!(ひとごと)







    さて、蜀国のごたごたをよそに

    長留ではいよいよ 大運動会 仙剣大会が開催されます。


    journey_of_flower_10_03_015.jpg


    各門派間の交流とか切磋琢磨とか言ってる割に


    「長留の新弟子しかエントリーしてない」


    というしょぼい感じですが(。・ω・)あ、言っちゃ駄目ですかそうですか



    でもねー、近隣の校長先生たちを招待しておいて、
    自分のところの生徒しか出てないっていうのもね(笑)





    ともかく





    今回の花は、何と言っても、





    八百長はよくて、
    毒針は恥知らず呼ばわり






    という、よくわからない価値観をお持ちの霓漫天嬢ですが(。・ω・)



    「なんか文句ある?」

    journey_of_flower_10_03_016.jpg





    そう、しゃあしゃあと

    「君のことがずっと好きだったから、君を助けたいんだ☆」

    つって毒針持ってきた、二枚舌・尹上漂(ユン・シャンピヨン)に
    (今回やっと名前が出て来たよ、、)

    journey_of_flower_10_03_017.jpg



    「よくこんな恥知らずな方法を思いつくわね!」



    とか言ってましたが



    あなた、朔風に八百長持ちかけて
    ませんでしたか?Σ(。・ω・)




    取引なら相手にもメリットがあるし、
    危害を加えないからいいという価値観なのか??





    父たる蓬莱掌門・霓千丈は、娘にこっそりドーピングさせるしね(´ω`)
    (あたりを憚って渡すということは、誉められた行為ではないと言う自覚はあるのよね)

    journey_of_flower_10_03_018.jpg


    娘の不正に気付いても、バレないかのほうを心配する始末だしね(´ω`)

    journey_of_flower_10_03_019.jpg



    まさに、


    『この親にしてこの子あり』


    ですなあ(´ω`)



    まあでもこれは親の方がいけませんよね。

    プレッシャー与え過ぎて、娘が歪んじゃったんですねー。



    だって、漫天本人は、わかってますもんねえ。


    「できれば不正はやりたくない。実力で勝ち取れるならそうしたい」
    「でも、父と蓬莱一門の面子がかかっているから、絶対に負けられない」
    「もう逃げ道はない」


    だからって不正していいわけじゃないですが、


    自分が勝って(ズルしてだけど)
    父親が嬉しそうにしているのを見て、ほっとする漫天が痛々しい。

    journey_of_flower_10_03_020.jpg



    親は一見、愛情たっぷり、べたべたに甘やかしてる風だけど、

    漫天のほうは、親に捨てられたくない、親を失望させたくない、
    って必死な感じがします。

    そんなふうにしちゃったのは、やっぱり親の責任だと思いますねー。



    とはいえ、

    八百長持ちかけるとか、毒針使うとかはやっぱり

    駄目ですけどねー。





    いや、ていうか


    あれだけ



    「あなたみたいな卑怯な手段に
     頼る人と一緒にしないで!!」




    とか大口叩いてたのに



    翌日、形勢不利と見るや、速攻で毒針使ってたので
    コーヒー噴きました(笑) (。・ω・)ぶふっ


    journey_of_flower_10_03_021.jpg




    しかし、仙剣大会で千骨と戦って、

    『雨降って地固まる』系を期待してたんですが、

    無理そうですね(。・ω・)しょぼーん


    あの 第4話の頃 の、可愛かった漫天にはもう会えないのか。そうか。
    残念だなあ。。。


    まだわずかに残っている彼女の良心を
    誰か気付いて救ってあげてくれないかしら……。

    ……朔風かな?







    さて、東方(ドンファン)が洛河東(ルオ・ヘドン)のお供をして
    長留へやって来たときの子画、

    警戒心ばりばりで東方を見てますが


    わー

    journey_of_flower_10_03_022.jpg

    すっごい嫌そう(笑)

    (※すみません、この画ちょっと悪意ある選び方しました・笑)





    おまけに、東方が千骨ちゃんに裏技的必勝法を授けたことで
    かっちーん☆ときた子画、もう警戒MAXです。

    きっと何か裏がある。と言ってみるも、
    千骨ちゃんはあくまで東方の味方で彼を庇うので、しょぼーん。

    journey_of_flower_10_03_023.jpg


    ともかくその邪道な方法を使うかどうかは自分で決めろと
    キビシク言い残して去っていきます。


    しかし


    翌日、いざ千骨ちゃんが、自分の苦言通り、
    逆行剣法を封印したのを見てとると



    ハートをわしづかみされた
    様子でガン見する子画(笑)



    journey_of_flower_10_03_024.jpg


    いやーそりゃそうだよねー


    あんなに自分の弟子になりたい、勝ちたい、って
    一生懸命頑張ってた子が


    勝利の可能性を下げてまで、
    自分の言いつけを守っているのを見たら


    それはほだされるでしょう、いくら鉄面鉄皮の子画であっても(笑)




    しかし、おかげで危険な賭けに出るしかなくなり、


    一か八か、


    「肉を切らせて骨を断つ」


    戦法(だよね?)に出た千骨ちゃん。


    journey_of_flower_10_03_025.jpg




    でも、漫天との決勝戦が残ってるのに大丈夫かしら。。


    あ、ここであの云隠の薬が役に立つんですね、きっと(。・ω・)!

    コレ。

    journey_of_flower_10_03_026.jpg







    そして東方ですが、今回は本当に
    洛河東(ルオ・へドン)と連れだって出て来たのでビックリ。


    journey_of_flower_10_03_027.jpg


    いや、てっきりその場しのぎのハッタリかと。。。


    しかも、崑崙派の跡継ぎとか言われてるし。



    え。え。そうなの??



    バックグラウンドがずっと不透明だったのは、
    実は別の派閥の掌門候補とか、そっちの方向だったの??


    もうしっかりはっきり東方=異朽君と思い込んでいた私は、
    軽くパニックになり


    なんとか見分けられないものかと、夜を徹して考えました(ウソ)


    しかし、異朽君は、マスクをしてるし、
    体型もよくわからないふわふわしたの着てるし

    識別できるパーツといったら、耳くらい。


    でも、そういえば耳って、意外と人によって形が違うんですよね。


    そう、



    耳を比べれば、別人かどうかわかるはず!



    というわけで、耳のアップで判別しようと思い立ち
    画像を探しました(※ヒマ過ぎ)


    で、探したのがこちら



    journey_of_flower_10_03_028.jpg

    journey_of_flower_10_03_029.jpg


    ちーん。


    耳の形以前の問題でした(笑)



    もっとわかりやすいホクロがあってくれたおかげで、
    考えるまでもなく 終 了。


    しかし、面白かったのは


    ネットに、同じく耳を比べた写真があったことです!!


    たぶん中国の人だとは思うんですけど、
    人間、国は違えど、考えることは同じなのねーと
    笑ってしまいました。


    それにしても



    わたしと同じくらいヒマな人間が
    この世にいるなんて




    (。・ω・)


    もし出会えたら、お友達になりたいです(笑)







    さて次回は!


    第11話は、序盤の山場ですねー。


    いよいよ、仙剣大会の決着がつきます。





    千骨は無事、長留掌門・
    白子画の 弟子になれるのか?!






    殺阡陌さまも登場します(笑)


    乞うご期待!





    ○今回のおまけ○


    なんかしれっと混ざってますけど、

    あなた云翳(ユンイ)でしょおおおおお(笑)

    journey_of_flower_10_03_030.jpg


    お話的には、すり替わるような必要性も前振りも
    フォローもなかったので、

    単に云隠役の人の都合がつかなかったか
    スタッフのいたずら(?)か、どちらかでしょうね(。・ω・)

    たぶん後者かな(笑)



    ちなみに、上に出てる、少し前のシーンの
    お薬を渡している云隠、

    こっちはご本人ですねー。

    上のお写真とは、帽子の飾りの位置が違うので、
    別日の撮影なのは確かっぽい(。・ω・)






    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事

    Comment 4

    2015.09.05
    Sat
    18:12

    hisahisa 

    URL

    ごめんなさいm(__)mエア視聴です~(^_^.)

    響さん、こんにちはm(__)m

    ごめんなさいm(__)mわたし、エア視聴です(^_^.)
    大陸ドラマは長いので根気が続かないんですよ…(T_T)

    でも、それはわたしだけで、わたしの翻訳記事は結構参考にして実際に見てくださっている方が多いですから大丈夫だと思います。ずーっと続けてて最終回ぐらいから実は…ってコメントくださるかた何人かいてくださいました。
    みなさん、ロス状態になったみたいで… 笑

    それと結構翻訳記事検索して探しておられる方、意外に思ったより多いです。同じマニア 笑
    何とうれしいではないですか!!

    響さんもわたしもマニアだけどジャンル違いだからね 笑

    この回も突っ込み面白かったです。特にマニアならではの 耳 とか 双子大活用 とか 笑

    この回の設定はわたしにはやっぱり「炎のゴブレット」???
    としか思えなかったです~(^_^.)
    千骨と子畫はやっぱりハリーとヴォルかしら?ハリーとダンブルドアだったらあの験生石(でしたっけ?)あのつながりはないでしょ?あのつながりは絶対ハリーとヴォルと同じ宿敵つながりですよね!!

    わたし的に子畫さんの眉毛の先がどんどん伸びているようで気になります。もうこれ以上伸びたら違和感ありありです…(^_^.)

    そして 殺阡陌 と カーマは気まぐれ 共通点は…没錯!!女装男子です 爆

    第一皇子って「弘文学院」に出ていた先輩役の人だと思って調べたらやっぱりそうでした☆

    編集 | 返信 | 
    2015.09.06
    Sun
    22:34

    ゆら 

    URL

    ちょっとだけ

    v-22響さん こんばんは!

    Q.翻訳を参考に動画見てる人、果たしているんだろうか?

    A.はい!私、すごく参考にさせて頂いてますv-354
      動画見る時、ブラウザ2個並べて一方で別のことしながら
      見てたりします。花千骨も初見は中文字幕でそのまま見てます。
      響さんの翻訳を読みながら、もう一度動画も再生。
      ここってこんなこと言ってたんだー!全然違ってた!なんて
      楽しみながら。

    東方の耳のホクロ=異朽君の耳のホクロが私も同一人物確定の
    決め手でした。でも、云翳の人がこっそり云隐役やってたのは
    気付いてませんでした。(響さん、すごい)
    高江さん、素顔の出番少なくて出たがったのかも。

    hisahisaさんのコメントでヴォルデモート卿が登場しましたね!
    (なれなれしくてゴメンナサイ!)
    生死劫なら対になるのはそうなんですよね。花千骨の家にバリアー
    張った清虚道長がダンブルドアに近い感じだなって思いながらも、
    学園の役職と愛せるのはどっちだ的に役をふりました。
    生死劫を持った7人のうち記録に残ってない1人のこと、いずれ
    わかるんでしょうか?生死劫が不幸や災厄じゃないって事例も
    あるのかなって楽しみです。

    編集 | 返信 | 
    2015.09.07
    Mon
    01:25

    響 

    URL

    全然かまいません(笑)

    hisahisaさま、こんにちは!
    週末、ちょっとバタバタしておりまして、お返事が遅くなって
    しまって、申し訳ありませんσ(^_^;)

    そして! エア視聴! わあ、全然謝っていただくところ
    じゃないです!(笑) 全然構わないのです、というかむしろ、
    わたしの拙い翻訳だけを読んでいただいてると思うと、
    ありがたすぎます(笑)

    そういえばわたしは、台湾ドラマをほとんど見ていないのでした。
    台湾ドラマってもっと短いんですかね?? というか実は、
    台湾ドラマと大陸ドラマの区別があまりついていません。。(-_-)

    hisahisaさまの翻訳は、精度が高いですからね……(笑)
    習主席の記事読みました。いつもながらの丁寧なお仕事(笑)に、
    ため息です。記事内容もため息ですけどね(笑)
    ほんと、日本はいつまで謝ったらいいのでしょうね……。
    日本国民で、戦時中に日本がやったことをまったく悪くない!と
    思っている人なんて、ほぼいないと思いますが。まあでも、内政
    への不満を、反日感情を利用してそちらへすり替えてる構図が
    解消されない限り、えんえんと続くんでしょうね。。中韓とも。

    しかし、政治と文化交流は別! むしろこういう時こそ、文化
    交流は大事!(笑) とりあえず「嫌い」をなくさないと、始まり
    ませんからね! うちに検索できて下さる方は、ほぼ花千骨
    スキーな方だと思うので、同じマニアとして本当に嬉しいです☆

    hisahisaさまとは、マニアの種類はジャンル違いだけど、好き
    すぎて思わず翻訳しちゃうところは同じですよね~(笑)うふふ。

    双子大活用は、気付いた時、笑っちゃいました(笑) こういう、
    ドラマの本筋とはちょっと関係ない遊び心って、楽しいですよね♪

    実はわたしのハリーポッター視聴は、アズカバンで止まってます。。
    ちょうど炎のゴブレットから見てないんですよねえ。

    夫がまったく見たことないというので、そのうち最初から全部
    一緒に見たいとは思っているんですが。花千骨との比較のためと
    いうわけではないですが、訳していて、逆にハリーポッターが
    見たくなりました(笑)

    子画の眉毛、長さは気付きませんでした(笑)
    まあ真ん中が繋がるわけじゃなかったら、別にいいかなあ……(笑)

    殺阡陌はカマではありません!!(笑) 女装?なのかしらアレ。
    つまりマツコ?? 花千骨が日本に入って来る時、一番気になる
    のは、彼の台詞の訳され方です。おねえ言葉だったらどうしよう
    かと……。それはそれで楽しそうですけどね(。・ω・)

    >第一皇子って「弘文学院」に出ていた先輩役の人

    あああああああああ! 気がつきませんでした。でもそうだ。
    確かにそうですね。どこかで見た顔だなと思ったんですよー。
    スッキリしました(笑)。ありがとうございます♪(。・ω・)w

    編集 | 返信 | 
    2015.09.07
    Mon
    01:37

    響 

    URL

    ありがとうございます☆

    ゆらさま、こんにちは♪

    おおおおおお。翻訳を参考に動画を見て下さってる方が
    本当にいるなんて(笑) ありがとうございます!!
    あ、でも内容は信用しすぎないでください(笑)

    >東方の耳のホクロ=異朽君の耳のホクロ

    お仲間ですね!!(笑) まあわたしは、思い立って調べるまで、
    気付いてはいなかったんですが(笑)。云翳と云隠の入れ替わりも、
    わたしも初見では気付いていませんでした。今回、記事を書く
    ためにキャプチャを撮っていて、初めて「あれ??」と。てか
    出番の調整のためというのは、確かにありそうな話ですね(。・ω・)

    清虚道長のほうがダンブルドアに近い、は、なるほど、と
    思いました。そう言われたら確かにそうですね。
    というか、hisahisaさまのレスでも書きましたが、実はわたし
    ハリーポッターの視聴がアズカバンで止まってまして。なんか、
    一話見損ねたら、そのままずるずると……(。-ω-) でも
    おふたりのレスを見ていて、俄然続きが見たくなりました(笑)

    >生死劫を持った7人のうち記録に残ってない1人のこと

    どうでしょうね? 意味深な伏線ではありますよね。もしかして
    あの人?というのはありますが。子画と千骨には、どうしても、
    パンドラの箱的な結末を期待してしまいますよねー。
    わたしもとっても楽しみです!(^ω^)

    編集 | 返信 | 

    Latest Posts