スポンサーサイト

     --,-- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花千骨 第11話 レビュー『これよりそなたは、私、長留上仙、白子画の弟子だ』

     11,2015 15:15
    journey_of_flower_11_03.jpg



    いやああああああああ(うるさい)



    あ。どうも。響です。ごきげんよう。



    別に頭がイカれたわけではありません。
    (デフォルトでイカれているため)


    ついに! ついに!



    花千骨が終わってしまいました。



    あああああー。


    最終回の後、抜け殻です。。



    もう少ししたら、一度総評を書きたいと思います。


    翻訳が全部終わってからにしようかとも思いましたが、
    いまのこの気持ちが冷めないうちに第一弾を(笑)


    ならなぜ今すぐ書かないのかと言うと、
    まだ中文字幕のみのものしか見ていなくて、
    正確には内容を分かっていないところが多いからです。。


    その状態でレビューするのもなんだかなーなので、
    英文字幕がラストまで追いついたら書こうかなと。
    一週間後くらいでしょうか。


    ちなみに、ここでの翻訳+レビューは、
    全50話で確定しました(。・ω・)ふぁいとー



    ネタバレでもないと思うんですが、一個だけ、
    面白いアンケートがありまして、何かと言うと


    Q.あなたが入門するならどっち?


    長留 7135 

           VS


    七殺 7576



    長留(笑) 負けてる(笑)(笑)



    いやー、草が生えそうです。

    さてこれは、トップの人の人徳の差なのか、
    それともトップ3の顔面偏差値・合計値の結果なのか、

    どちらでしょうね?(笑)


    わたし自身はどちらに入門したいかというと……うーん(笑)。
    悩ましいな。どっちかな。

    七殺派のほうが楽しそうだけど、
    ショッカーたちに混じるのはちょっとなー(笑)


    わたしが花千骨だったら、やっぱり長留ですけどね。

    なぜなら、白子画は会いには来てくれないけど、
    姐姐は会いに来てくれるから(笑)





    で、花千骨が終わり、今後の視聴予定ですが、花千骨の後枠の
    『云中歌』を見ようか迷っています。

    これは、『風中奇縁』に続く、三部作の二作目ですが、
    『風中奇縁』のトラウマがあってねー(笑)

    いや、『風中奇縁』も面白かったんですけどね。とても。

    そしてわたしはちょっとひねくれてるので(笑)トラウマだけど、
    たいていの人には普通に面白いのではないかと思います。



    あと、先に、『射雕英雄伝』のレビューを書いてしまいたいんですよね。


    ちなみに、岳飛伝が止まっているのは、
    夫を巻き込もうと思っているからです(笑)

    夫も歴史物は好きだし、よく小説読んでるし、
    イ・サンは一緒に見てくれてたので。

    それで、中国ドラマにもハマってくれたらと思っているのですが、
    いきなりジャクギとかはハードル高そうなので(笑)
    男の人には岳飛伝とかがとっつきやすいのではないかと思い。
    岳飛も知ってたし。


    ただし、『女医明妃伝』が始まったら、そっちに行くと思います(笑)。

    今年五月の放送予定と聞いていたのに、
    なかなか放送開始日の決まらない『明妃伝』ですが、
    たぶん『花千骨』を放送してたからじゃないんですかね?
    (ウォレスがかぶってるから)


    ちなみに、既に放送が始まっている『琅琊榜』ですが、
    これはなかなか英語字幕がつかないので、見れていません。。

    内容もちょっとシリアス系で、女性受けしなさそうというか、
    日本に入ってくるかが甚だ怪しい雰囲気なので、
    英語字幕でもいいから見たいんですけどねー。




    そんなこんなで、第11話のレビューです。


    うふふ。


    動画を視聴済みの方、もしくは翻訳をお読み下さった方は
    おわかりでしょうが



    今回は、テンションMAX




    でお送りしたいと思います!!


    イエーイ!!


    いつものようにネタバレ全開です。未見の方、ご注意ください。
    (話数以降のネタバレはありません。たぶん。←)

    視聴済み、もしくはネタバレOKの方は、れっつごー!!!!!





    ++++++++++++++++++++




    はい、今回のストーリーはー、


    大運動会がいよいよ大詰め!!



    決勝に進んだ千骨ちゃんと漫天、

    女同士の一騎打ち!!





    しかし、準決勝で、自分の身体に相手の剣を刺させて
    その一瞬の動揺の隙をついて相手を倒すという
    捨て身の戦法に出た千骨ちゃん。

    journey_of_flower_11_03_001.jpg



    おかげで、『うろたえる子画』

    journey_of_flower_11_03_002.jpg


    という、大変美味しいものを見れましたが




    しかし敵(尹上漂)は倒せたものの、おかげで重傷を負ってしまい、


    journey_of_flower_11_03_003.jpg


    すわ、明日の決勝は棄権か??


    という危機に陥ります。



    軽水は、子画に頼んでなんとか怪我を治してもらおうとしますが、


    journey_of_flower_11_03_004.jpg


    それでは不公平になると千骨自身が言い張って、断ってしまいます。



    しかし怪我は深刻で、

    このままでは明日はまともに戦えない、



    絶体絶命の大ピンチ。



    そこで役に立ったのが、



    云隠が持ってきた蜀山秘伝の丹薬


    journey_of_flower_11_03_005.jpg



    ではなく



    世界一便利な薬箱、
    姐姐こと殺阡陌さま



    journey_of_flower_11_03_006.jpg
    journey_of_flower_11_03_007.jpg


    (笑)


    相変わらず、べったべたに甘やかします。


    そして、千骨ちゃんも甘えまくります(笑)。


    journey_of_flower_11_03_008.jpg
    journey_of_flower_11_03_009.jpg




    メイン君たる子画より、よっぽどいちゃいちゃしてるふたりですが、

    このふたりがべたべたしていると、
    ドキドキするというよりは、癒されます(笑)


    まあこれ、千骨ちゃんは、相手が姐姐(女性)だと
    思ってるからこそですが


    ほとんどデコチュー距離。



    journey_of_flower_11_03_010.jpg




    やー




    白子画がこれを見たら、
    血圧上がって倒れそうだなあ(笑)




    そうなったら面白いのになあ(笑)



    しかし、



    あれだけストーカー全開なのに
    肝心な時は覗いていない白子画(ちっ)


    「ん?」


    journey_of_flower_11_03_011.jpg










    ともかく、姐姐のおかげで怪我が治った千骨ちゃんは、
    決勝に臨むわけですが




    漫天ともみあったまま、湖にぼっちゃん。



    journey_of_flower_11_03_012.jpg




    目が覚めた時、池に落ちたのは自分が先だったのを知って、
    落ち込みます。


    journey_of_flower_11_03_013.jpg






    そして、上仙たちが弟子を指名する拝師大典。


    まずは掌門から好きなの選んでくださいと言われるものの
    ガン無視して動かない子画。


    journey_of_flower_11_03_014.jpg


    他の人に先に選ばせます。



    すると、意外な人物が千骨ちゃんにコナをかけます。



    桃翁「わしのところに来い」


    journey_of_flower_11_03_015.jpg



    ええええええええ(笑)



    あなた、年考え あれだけ千骨をいじめておいてΣ(。・ω・)


    千骨ちゃんは、証拠もなく泥棒扱いされ、
    棒打ちの刑にまで処されたのに。



    がしかし、そこで来ました、




    ちょっと待った
    コォォォーール!!
    ((C)ねるとん)




    落十一「千骨、意地悪な桃翁なんかやめて、
       私のところに(糖宝つきで)おいで☆」




    journey_of_flower_11_03_016.jpg



    どうも、( )内が本音のような気がしなくもない落十一氏ですが


    ともかくも、ふたりの上仙から熱いラブコールを受け、
    もってもての千骨ちゃん。



    嫁に行くなら子画のところ、と心に決めていた千骨ちゃんですが、
    もうその望みはなくなったため、

    どうしたものか迷っていると


    journey_of_flower_11_03_017.jpg



    いきなり身体が宙に舞い上がり



    journey_of_flower_11_03_018.jpg




    そのまま



    journey_of_flower_11_03_019.jpg
    journey_of_flower_11_03_020.jpg
    journey_of_flower_11_03_021.jpg



    一本釣りされます(笑)





    釣ったのはもちろん、この人


    journey_of_flower_11_03_022.jpg



    って




    ええええええええ




    いや


    あなた掌門で、一番乗りする権利があったんですから


    最初から素直に千骨ちゃんを
    指名したらよかったのでは(笑)




    なぜわざわざ先に他の人に選ばせて、


    彼らがわらわらと千骨ちゃんに寄ってきた後になって、


    横からかっさらうような真似をするのか。





    まったく






    ときめいちゃうじゃ
    ないか(*´Д`)
     (※病気)










    そしてそのあと、


    式の最中に花嫁をさらうラブコメのごとく、
    抱きしめてキス……なわけはありませんが

    (そんなことになったら鼻血噴いてましたが)


    journey_of_flower_11_03_023.jpg



    何の説明もなく、短く



    「跪下(クイシャ)」(跪け)で


    journey_of_flower_11_03_024.jpg





    ときめきMAX




    腰がくだけそうになりました(笑)

    あああ~眼福。



    一本釣りしてる時は正直笑ってしまいましたが(笑)、
    この時の子画はほんとにカッコよかったよー。


    はふん。



    そんなこんなで、無事白子画の嫁に収まった千骨ちゃん。



    婚約指輪は、『銀の鈴』



    journey_of_flower_11_03_025.jpg




    デカイ。何カラットあるのかしら。さすが掌門ね!




    ……東京の人じゃないと分かりにくいネタですかね(笑)




    本物はこっちです(笑)


    journey_of_flower_11_03_026.jpg
    journey_of_flower_11_03_027.jpg




    いやー、ほんとよかったね、千骨ちゃん。


    子画もよかったね。


    これでストーカーせずに
    済みますよ(。・ω・)




    何しろいつでも見放題、会い放題、ひゃっほう!!



    「えー。趣味なのに。」

    journey_of_flower_11_03_028.jpg







    しかし、今回も下劣さ満点の蓬莱親子。



    ドーピングに毒針の次は、


    反則武器ですか


    journey_of_flower_11_03_029.jpg


    いやー



    汚い(笑)



    汚すぎる(笑)


    これさー、自分が使わず相手が同じことしたら
    烈火のごとく怒るんだろうなー(笑)。



    なんというダブルスタンダード。



    てか、ずるっこして勝ったくせに、


    子画が漫天を弟子に選ばなかったら、


    約束が違う!!


    journey_of_flower_11_03_030.jpg


    とか言いだすしね。



    さらに、凶悪な武器を普通の剣っぽく偽装してたのがバレて、
    みんなに「ありえねー」と思われてる中、



    「弟子は内定してたんだろ!!」


    journey_of_flower_11_03_031.jpg


    とか嫌みをぶちかますしね。





    もうね、あなたがた、




    面の皮、いったい
    何センチあるんですかと





    小一時間、問い詰めたい。




    しかし、よくわからんのは摩厳(モ・イェン)です。


    いくら他派の掌門親子とはいえ、


    明らかな行きすぎ反則武器を使った人たちに、
    なぜあそこまでおもねる必要があるんでしょうね??



    あんな凶器を使って同門の仲間に重傷を負わせたんだから、


    一位取り消しはもちろん、破門、ぐらいの勢いでいいと思うんですが。


    ここは、「汚い真似しやがって!」な子画の反応のほうが
    普通だと思うんですけど、

    なぜ卑怯な行為はあっさり見逃した上、
    落十一の弟子にまでしちゃってるのだろう。


    てか



    尻拭い(?)させられる十一師兄、
    気の毒過ぎる(笑)


    journey_of_flower_11_03_032.jpg







    しかし、チクチク嫌みを言い続ける霓千丈が、


    「掌門は誰でも弟子にできるのに、外部の人間が
     異議を申し立てたって、何か意味はあるのか?」



    と更に皮肉った時、





    「あるかバーカ」

    journey_of_flower_11_03_033.jpg




    と即答した子画がカッコよすぎてもう(*´Д`)




    霓千丈はブチ切れてましたが、

    いやー、留飲が下がるとはまさにこのことですね!!





    あ、でも、霓千丈、

    やってることは品がないことこの上ないですが、

    着物の趣味はなかなか上品で素敵ですよね。

    この色の重ね方が、秀逸で完璧だと思いませんか。


    journey_of_flower_11_03_034.jpg


    花千骨は、仙人サイドはほぼ全員白い衣装ばっかりなので
    宮廷ものみたいに目に楽しい衣装はあまり出てこないのですが

    たまーに出てくる白以外の着物は、どれも素敵ですね。
    (殺阡陌が最初に着ていた衣装とか。)


    摩厳のあの透け透けは何なのって思いますけど(笑)
    (この白いの、ないほうがよくないですか・笑)

    journey_of_flower_11_03_032.jpg







    さて、摩厳のスケスケで〆るのもアレなので、

    最後にもういっこ姐姐ネタ。


    念願かなって子画の弟子にはなれたものの、
    結果、霓漫天と決別することになって
    しょんぼりする千骨のもとに現れた姐姐。


    まー、のっけから


    「こんな美しい声の持ち主が、
     私以外の誰だというのだ」



    journey_of_flower_11_03_035.jpg


    とかねー(笑)  飛ばしてるねー(笑)


    姐姐、面白過ぎる(笑)



    姐姐は、落ち込む千骨を慰めようと、


    「外に遊びに行こう!」と誘うのですが


    当の千骨にあっさり


    「え? 新居に引越しがあるからだめ」


    と断られ


    しょぼーん(笑)

    journey_of_flower_11_03_036.jpg



    「本当に行かぬのか?」と言った時の表情が
    捨てられた子犬か!みたいな可愛さ(笑)


    しかし、さすがに断っちゃって悪いなーと思った千骨ちゃんが


    「今度会ったら、絶対一緒に遊ぼうね!!」
    というと


    一気にテンションアップ(笑)


    journey_of_flower_11_03_037.jpg



    毎月のデートの約束をとりつけたりして(笑)、
    シスコン全開の姐姐。


    次のデートが楽しみです(笑)







    さて次回は、


    いよいよ絶情殿で、ウキウキ新婚生活再び!


    しかし、新妻は早速やらかします(笑)


    そして、夫がブチ切れます(。・ω・)


    さらに、糖宝の身に危険が?


    孟玄朗が皇帝として即位し、
    人間界でもいろいろなことが蠢動し始めます。


    乞うご期待!





    ○今回のおまけ○


    洛河東(ルオ・ヘドン)、合わせが逆(。・ω・)

    journey_of_flower_11_03_038.jpg

    中国や韓国のドラマだとたまに見ますよね……。

    日本ほどのタブーじゃないのかしら?
    と思って調べてみたら、

    もともと韓国は左前で、三国時代あたりから右前が普通になった。

    中国は右前で、高貴な人だけ左前が許される。

    ということで、亡くなった人が左前というのは、日本独特みたい?

    日本も中国に倣って庶民は右前になったけど
    死ぬと位が上がって神に近づくから左前なのだとか。

    へー。



    あと、子画は、回によっていろんな冠や簪をしていますが、
    この回の冠が一番好き☆






    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事

    Comment - 6

    2015.09.12
    Sat
    00:15

    ゆら 

    URL

    元気でました!

    v-22響さん こんばんは!
    ネタバレしそうなので自粛ですが、今週ずっともやもや落ち込んでました。
    でも、響さんのレビューを読んでウィルキンソン噴いて、復活しました!

    私も入門は長留へ。でも、三池で全身爛れて、美肌の湯目当てで七殺送り。

    なぜ霍建華の名前を知ってたのか、自分で謎だったのですが「西街少年」
    でスケボー乗ってたメガネ君だと思い出しました。(あの頃可愛かった)

    摩厳の千骨にだけやたら厳しいのって、白子画を巡るライバルだからです
    か?世尊のジャッジにはフィギュアスケート並みの不透明感があります。

    蓬莱親子、すでにダークサイド?何で掌門になれてるのか謎です。
    姑息じゃないとなれないの?仙界ってもっとキレイなとこじゃないの?

    「金玉良縁」見てるのですが、2番手君は儒尊じゃないみたいです。
    すごく似てるんですが、笙簫默(苗馳)はえなりくんが入ってて、
    2番手君(王陽)はロバート秋山風味に見えました。(どんな違いだか)
    人間アイスノン見たさに、もう一つのドラマも地道に見てます。

    編集 | 返信 | 
    2015.09.12
    Sat
    21:28

    hisahisa 

    URL

    飛ばしてますね!!

    響さん、こんばんは<m(__)m>

    相変わらず素晴らしいレビューですね!!

    まず、投票結果にびっくり!!合わせれば日本の人口軽く超えてますね 笑

    子画が本気で可笑しい!!
    でもキャラ的にはわたしがはまりきっている マーフィー のユージャくんと同じタイプだわ。わたし大好きかもしれません!!

    そして 姐姐 やはり苦手だわ…
    でもこの時点で子画とは比べ物にならないぐらいがぜん千骨とべたべたしてますよね 笑

    終わり方がHKCという噂はわたしの耳にまで届いておりますが…そうなの?

    編集 | 返信 | 
    2015.09.12
    Sat
    22:10

    ぴょんこ 

    URL

    キレッキレだわ〜。

    響さま、みなさま、こんばんは。

    毎度、レビューを楽しみにしております。
    いつも笑う気満々で読み始めます。爆
    あっ、翻訳も読ませていただいております^^

    今回、いっちばん吹いたのは
    一本釣りのくだり・・
    ホント響さま、恐るべし。
    コーヒー飲みながらは読めませ〜ん。

    いやぁぁ〜〜〜〜
    今回、ホント面白かった〜^^
    もっかい、↑戻って読もうかな〜笑

    ん??一枚目のウォレス、眉毛が妙に長い?

    編集 | 返信 | 
    2015.09.13
    Sun
    01:21

    響 

    URL

    よかったです(笑)

    ゆらさま、こんにちは~☆

    もやもやされましたか(笑) 総評書くので語りま
    しょうね! でも元気を出して頂けたのなら、
    嬉しいです(。・ω・)w

    そういえば、三生池なるものがありましたね(。・ω・)!
    わたしは煩悩だらけなので、とてもあの池はパスでき
    そうもありません。。ていうか、美肌の湯があるから
    七殺が人気なのかしら?(笑)

    「西街少年」は初めて聞きました。ウォレスのドラマ
    も、まだ全部見てるわけじゃなく、しかもほぼ史劇
    しか見ていないので(..) ひとつだけ、映画を見ま
    したが、確かに若くて可愛かったです(笑)

    >フィギュアスケート並みの不透明感

    言い得て妙ですね!(笑) 真央ちゃんのTAに回転不足
    取るくせに、2回尻餅ついた某選手のほうが点数が
    高いってどういうことよ!的なね(笑)。

    摩厳は、ああいう厳しいこと言って憎まれ役買う人って
    組織には必要だと思うんですけど、ちょっとジャッジの
    仕方が偏ってる気がするんですよねー。
    長留と子画大事さのあまり、目が曇ってる感じが若干ね。

    >「金玉良縁」見てるのですが、2番手君は儒尊じゃない

    ギャー!! 適当なこと言って申し訳ありません(笑)
    しかし、

    >笙簫默(苗馳)はえなりくんが入ってて、
    >2番手君(王陽)はロバート秋山風味

    で爆笑しました(笑)。いつも思うんですが、ゆらさまは
    例えがほんとお上手ですよね~(笑)。コメント読んでは
    笑ってしまいます(。・ω・)w

    人間アイスノンは長いですが、気長に頑張ってください♪

    編集 | 返信 | 
    2015.09.13
    Sun
    01:31

    響 

    URL

    かっ飛ばしまくりですよ(笑)

    hisahisaさま、こんにちは☆

    おほめにあずかり、光栄です(。・ω・)w
    まあ素晴らしいのは、わたしのレビューというより、
    花千骨に出てくるキャラの濃さのせいですけどね(笑)

    >合わせれば日本の人口軽く超えてますね 笑

    ほんとですよね! なんかもう、この数で中国の
    母体数のすごさを実感し、圧倒されました。

    マーフィー、hisahisaさまが激押しなので、ちょっと
    気になってはいるんですよねー。
    というか、子画が好きな人って、正直あまりいないと
    思っていたので(←)、同士がいて嬉しいです!!(笑)

    美しさもですが、あのキャラが大好きなんですよねー(笑)
    (駄目さも含め)

    で、姐姐は駄目ですか(笑)

    ほんといつも思うんですけど、(某隊長とのぬりんこ議論
    でも・笑)世の中、十人十色というか、わたしが大好きな
    ドラマをリタイアする人がいたり、わたしが苦手なキャラ
    を絶賛する人がいたり、人によって、こんなに好みや考え
    方って違うんだなーと思って面白いです(。・ω・)w

    終わり方はねー、そうですね、確かに評価が分かれる
    ところだと思います(笑)。全員が好きなラストではない
    かなー。でもわたしは、HKCまでは行きませんでした。
    というか、あれはあれで有りというか、目的は達してる
    のでいいのかな、とか。詳しくはまたのちほど(笑)

    編集 | 返信 | 
    2015.09.13
    Sun
    01:35

    響 

    URL

    わりと真面目に書いてるんですよ(。・ω・)!

    ぴょんこさま、こんにちは☆

    わー、こんな拙いレビューやら翻訳やら、読んで
    下さっているんですね! ありがとうございます!!

    一本釣りはねー、でもね、見たまんまですよね?(笑)
    なんという見事な一本釣り、まぐろ漁師になれるわ~と
    思いながら見てました。

    今度はぜひコーヒーを飲みながらご覧ください。
    修行になりますよ~☆(^ω^)(何の)

    この第11話は、わたしもとってもお気に入りの回です。
    訳してて、無駄に力が入りました。ぜひ、ごゆっくり
    お楽しみくださいませ♪

    >ウォレスの眉毛

    hisahisaさまもご指摘になっていましたが、
    確かにウォレスの眉、長いですよね(笑)
    これ以上伸びるとマンガのキャラクターみたいになる
    ので、このへんで止めてほしいです……(笑)

    編集 | 返信 | 

    Latest Posts

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。