スポンサーサイト

     --,-- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花千骨 レビュー 総評の前置き

     15,2015 11:15
    (※この記事自体には、具体的なエピソードのネタバレはありません)


    どうもみなさまこんにちはー。
    響です。ごきげんよう。


    諸事情により、わたしはご機嫌よろしくありません…(。-ω-)


    先日、最終回を迎えた花千骨ですが、

    見終わった時は、いろいろあって、まあ仕方ないかとも思ったんですが


    昨日、いろいろな事実を知り、もうね、、



    ちゃぶ台ひっくり返す
    くらいじゃ、
    おさまらないわ!!!
    ヽ(`Д´)ノキー!!




    本気で翻訳も投げ出して、
    このままブログを閉じようかと思いました。。。



    今までいろんなドラマを見てきて、


    まあ中には確かに酷いエンディングもありました。


    広げた風呂敷をたたみ切れず、
    「あの伏線どこ行った?」なんてよくあることでした。



    でもねー、今回は酷い。



    酷いと言うか、



    ありえない。




    ここまで酷い終わり方は初めて、というのもあるし


    よりによって、ブログを開設して、翻訳してまで
    みんなと感動を共有したいと思うほどハマったドラマが
    こんな結末を迎えたことに、


    ショックと言うか、悲しいと言うか、


    落ち込みすぎて、もうほんと、言葉がありません。。




    以下は、半分愚痴です。

    興味のある方のみ、お付き合いください。



    ++++++++++++++++++++



    最初はねー、中国語だけで見てるからだと思ったんですよ。

    最後のほうの10話くらい、英語字幕が追いついてなくて、
    でも先が気になって中文字幕のみで見ていたため、

    わたしに中国語のスキルがないから、意味不明なんだと。

    (今思うと、無理にでもそう思いこみたかったのかもしれないけど・笑)


    まあ、それにしたって、不自然だと思うところは
    何箇所もありましたけど、


    最後になって尺が足りなくなったのかな、と思い


    でもきっと、英文字幕で読めば、
    いくらなんでも、それなりの整合性は取れるはずだと。



    で、英文で見たんですけど、



    (。・ω・)???



    いや、うーん、全体で見れば、


    『結果的にどうなったか』


    ということは、分かるには分かるんですけど、


    『なぜそうなったのか』


    がわからない。



    たとえば、

    怪我した人がいたとして、なぜそんな怪我を負ったのかわからない。

    泣いてる人がいたとして、泣くにいたった理由がわからない。

    「あの時は大変だった」というセリフがあったとして、

    何が大変だったのか、どう大変だったのかの描写も説明もない(笑)



    結果として、怪我したり泣いたり大変だったりしたのは
    わかるんだけど、理由がわからないので、話が繋がらない。



    もうほんと、意味がわからないところが多すぎて、調べまくりました。


    今まで、花千骨関係のサイトは、
    中国のもの以外、見ないようにしていて
    (翻訳やレビューを書く時に、影響されないようにするため)


    今回も主に中国サイトを見たので
    正確ではないかもしれませんが、


    どうやら


    中国当局の指示で、最後のほう、
    4話分ぐらいをバッサリ切られたみたい?




    理由は、宗教的なこととか、政治的なこととか、
    倫理的なこととか、まあもろもろみたいですが。



    ……もうね、ドラマとしての出来不出来とかの問題じゃないですよ。



    4話分も削除したら、
    どんな編集したって、
    意味なんか繋がらないっつーの。




    たとえばですけど、蘭陵王で言ったら、

    雪舞ちゃんが平安を産んだと思ったら、
    次の回で、殿下の腕に抱かれる雪舞ちゃんの胸に
    矢が刺さってた、みたいな。

    陛下がソテイに毒を盛られたシーンとかすっとばして、
    最終回、なんとなく陛下顔色悪いなー、で終わった、みたいな。


    結果だけは分かるけど、


    何がどうしてそうなった


    というのがまったくわからない。。


    もともと、原作を読んでいる人には、
    いろいろ削られてて不満もあったみたいですが、


    でもまあ、原作100%そのままドラマを作るのは難しいことだし、

    原作を読んでいない(読めない)わたしとしては、
    ドラマはドラマとして、独立して成立していれば
    それはそれでありだと思うんですけど、



    ううううううん。

    これ、どうしよう。

    どうしたらいいんでしょう。

    日本では起こり得ないことで、
    まさかこんな結果が待っているとは思わず翻訳を始めてしまって、
    途方に暮れています。。。



    既に日本の会社が版権を取ってて、日本に入ってくることが
    決まっているらしいですが、

    (あ、そうなんです。で、さすがに翻訳をwebで不特定多数に
     公開していると翻訳権的にまずそうなので、あくまで自分用
     翻訳ということで、鍵付きにしました。詳しくは別記事で)


    日本に入ってくるとき、
    そもそもあるべきだった姿(元の全54話の状態)に
    再編集されるということは、有り得ることなのでしょうかね?

    そうしたらまだ希望が持てるんですが。


    だって正直、この放送されたままのものをそのままDVDにして
    各国で販売したとしたら、ほとんど詐欺というか、
    暴動が起きるレベルですよ、、(笑)



    そして、翻訳。と、このブログ(笑)。
    どうしましょうね(笑)。


    まあ、花千骨だけしか扱わないつもりではないんですけど、
    今のところメインのコンテンツなので、どうしようかなあと。


    最終話手前までは、まあまだ話が通じるので
    そこまでは訳してもいいかなあとも思うんですが、

    あの最終話にたどり着くことが分かってて、
    このまま訳して意味あるのか、とか。


    それでも読みたい人いるのかなあ、とか。


    事実を知った時からほぼ半日、衝撃で真っ白になりつつ考え、
    いくつか選択肢を考えたのですが、

    具体的には結論が出ません。


    なので、読んでくださっている方のご意見を聞けたらなあ、と思います。


    お付き合い下さる方は、以下、お進みください。


    すみません、ちょっと事情が変わりました。
    詳しくは、下記をご参照ください。



     → 花千骨 今後の翻訳について


    ※具体的なエピソードのネタバレは含みません。



    ++++++++++++++++++++



    そしてもうひとつ、以下は単なる愚痴です。
    あの酷いカットに対する、さきほどまでの心の叫びです(笑)。


    こちらは最終話までのネタバレを含みますので、
    未見の方はご注意ください。



     → 愚痴に付き合う






    関連記事

    Comment - 2

    2015.09.15
    Tue
    14:58

    Hanagom 

    URL

    ついていきます!

    はじめまして!

    はじめてコメントを入れさせていただきます(*^^*)

    毎回、響さんのブログの更新を楽しみにしておりました。
    というか、今も楽しみにしております!


    最終話、結末に至るまでの流れが見えず、
    SNSで拾い集めた画像と、ネットに出てくる記事?をよくわからない中国語翻訳(笑)して、ストーリーを脳内補完(ほとんど妄想に近いですが)しておりました。('◇')ゞ


    響さんの記事はとても読みやすくて、英語字幕で観たときに
    ざっくり流して観た部分がよく分かってとてもありがたかったです。

    翻訳とか、日本語の文章に起こすのは大変で手間もかかるかとは思いますが、ぜひ続けてください!

    よろしくお願いします!











    編集 | 返信 | 
    2015.09.16
    Wed
    02:12

    響 

    URL

    一緒に行きましょう!!(笑)

    Hanagomさま、こんにちは♪
    初めまして。かような僻地にようこそ☆

    つたない記事に目を通していただき、本当に嬉しいです。
    ありがとうございます。

    >SNSで拾い集めた画像と、ネットに出てくる記事

    やっぱり、みんなやることは同じなんですねー(笑)
    あんな画像やこんな画像がいっぱい出てきて、、ほんと、
    ため息出ますよね(。-ω-)=3

    わたしも、必死で脳内補完して、こういうものだと
    思い込もうとしてました。。。でも無理だった。。。

    読みやすいと言っていただけるなんてありがたいです。
    自分では読みづらっっと思ってました。長いし。

    あんな長い記事を読んで下さる方がいるなんて、
    それだけで本当にありがたすぎます。

    これからも、よかったら遊びにきてくださいね☆

    編集 | 返信 | 

    Latest Posts

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。