スポンサーサイト

     --,-- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花千骨 第1話 レビュー『不幸の星』

     29,2015 00:27
    どうもみなさまこんにちは。

    翻訳記事をわりと真面目に書いたので
    ツッコミ記事はこちらに分けたいと思います(^ω^)

    最初は、そんなにいくつも記事を分けるのもアレかと思い
    翻訳の隙間に入れようかと思ったんですが、

    訳だけ見たい人(いるのか?)には、うっとうしいかと思いまして。。

    ちなみに、ネタバレ全開なのでご注意ください。
    というか、見てない人にはなんのことだか分からないと思いますが。


    journey_of_flower_01_03.jpg

    ああ…それにしてもウォレス…美しいなぁ(*´ω`)


    ++++++++++++++++++++


    ではまず、簡単な登場人物の紹介から?

    周囲の人に災いを運ぶという、不幸の星の下に生まれたヒロイン、
    花千骨(ファ・チェングゥ)。

    生まれた時から、身体から漂わせていた不思議な香りが妖魔を集め、
    草木を枯らすことから村人たちに疎まれ、
    村の外に父親とふたりでひっそりと暮らしています。

    journey_of_flower_01_03_001.jpg

    まゆふと族ですね。


    次にメイン君、五上仙のひとりで
    長留(チェン・リウ)派の掌門(一門の長)、白子画(バイ・ズファ)。

    journey_of_flower_01_03_002.jpg

    こちらも、まゆふと族ですね。



    みなさんまゆが立派なので、
    まゆが太い人のみ生息する世界なのかと思ったら、
    まゆがない(?)人もいるんですよね。



    この人とか (※異朽閣の部下)

    journey_of_flower_01_03_003.jpg


    この人とか。 (※七殺派の幹部、単春秋:シャン・チュンチィ)

    journey_of_flower_01_03_004.jpg


    なにこの


    オール or ナッシング 的な。


    中間の太さのまゆは、存在を許されない世界なのか?
    そうなのか?



    次に、五上仙。


    これねー、もう、出て来た瞬間に思いましたね。


    いや、ていうか、みなさまも思われましたでしょ?


    正義を守り、悪と戦う五人の仙士!

    五大仙人 ゴセンジャー!


    journey_of_flower_01_03_005.jpg


    ばばーん!

    白子画は、『白』なのに赤ポジなのね。
    紫薫(ズシュン)はまんまパープルね。まあ、ピンクじゃないよね。。

    かつての仲良し仙人5人組であるわけですが、
    1話で分かっている範囲ですと、16年前に何かがあり、
    一人は失踪(東花:トンファ/左から二番目)、
    一人は隠居(無垢:ウーゴゥ/左端)、
    みたいですね。

    恋愛模様もありまして、
    檀凡(タンファン:右から二番目) → 紫薫(右端) → 子画
    のようです。

    紫薫が嫉妬メラメラで千骨をいじめまくりそうですね。



    そして、東方こと、東方彧卿(ドンファン・ユーチン)。

    川でうっかり千骨の水浴び現場に遭遇してしまい、
    「責任を取って結婚する!」とか言い出しちゃう
    若干空気は読めないが、朴訥で気のいい青年(一見)。

    彼は一応、セカンド君…なのかな…??

    でも、ただの善良な一般人ではなさそうな気配はぷんぷんするんですよねー。


    わたしの大胆予想では、たぶん


    これ

    journey_of_flower_01_03_006.jpg

    イコール

    journey_of_flower_01_03_007.jpg

    これ(※異朽閣の閣主、異朽君)

    じゃないかとね?たぶんね?

    さりげなく異朽閣に行くよう仕向けたように見える、というのが理由ですが。

    (彼の助言がなければ、千骨が異朽閣に行くことはなく、
     異朽君の思惑通りに進まなかったんだもんね)

    顔を隠し、声も変えてる(?)=ヒロイン(あるいはヒーロー)にとって
    意外であり衝撃的であり身近な人、ってことだもんねー。(ex.奇皇后)


    ただまあ、まだ第一話で、全体でどのくらいのキャラクターが
    出てくるのかも未知数なので、まだ可能性のひとつですね。

    異朽君本人じゃなくても、協力者とか。
    あるいは、七殺派のスパイ?という可能性もありますな。

    ものすごい大どんでん返し(?)で、実は玉皇上帝だったりしたら、
    面白いのになー(笑・さすがにないか)



    あと今後いろいろ出番がありそうなのは、

    白子画の師兄(兄弟子)、摩厳(モ・ヤン)と

    journey_of_flower_01_03_008.jpg


    師弟(弟弟子)、笙蕭黙(シェン・シャオモ)

    journey_of_flower_01_03_009.jpg

    ですかね。

    この師弟の人、金蘭良縁のセカンドくんですよね?

    今回はいい人そうな役ですね。
    まだわかりませんが。

    最後まで裏切らないでほしいなぁ。。。



    というところで、第一話のストーリーですが、

    無理がありすぎる設定や、キャラブレなどがあまりなく、
    ヒロインも可愛く、ストレスフリーでさらっと見れてしまって

    実はあまりツッコむところがなかったので(え)


    ウォレスファンとして王道の

    萌えポイントを羅列することにしました!



    まー、まずは第一話のハイライト、
    ハイライトというわりにしょっぱななんですが(笑)


    ヒロイン千骨と、白子画扮する墨冰(モー・ビン)の、淡い出会い。


    具合が悪くなった父親のため、医者を呼びに夜道を急ぐ
    けなげなヒロイン、千骨ちゃん。

    医師宅に着いた途端、妖魔に襲われたところを


    さっそうと


    白馬の王子


    ならぬ


    白衣の仙人


    ならぬ


    今はごくごく普通の人間に扮している
    白子画(一応、白という字は入っている)が
    助けるわけですが


    吹き飛ばされて、空中で抱きとめられた瞬間から、
    突然あらわれたイケメンに釘付けの千骨ちゃん。


    ガン見です。

    journey_of_flower_01_03_010.jpg

    いや

    journey_of_flower_01_03_011.jpg

    見過ぎ

    journey_of_flower_01_03_012.jpg

    見過ぎ

    journey_of_flower_01_03_013.jpg


    見過ぎですってば。


    まあ、わかりますけどねー(*´ω`)

    そりゃー

    こんな、息もかかるような距離にウォレスがいたら、見ますよねー(笑)



    ヒロインは、イケメンに釘付けですが

    一方のイケメンは、特にこの時点ではヒロインには特別な興味がなく
    ひたすら果敢に妖魔に向かっていきます。





    いくら世界一の武芸を誇るとは言え、
    今は生身の人間と同じ能力に制限されている身。


    あっさり捕まってしまいます。


    journey_of_flower_01_03_014.jpg



    ああっ



    危ない!!









    カヲルくん…!!!! (違う)

    journey_of_flower_01_03_015.jpg




    落とした剣を拾うよう、千骨ちゃんに頼む子画。

    千骨ちゃんは、拾った剣で果敢に敵の足を刺し、
    痛みにもだえた妖魔が、手にしていた白子画を、ぽいっと放り出します。

    ついでにヒロインも吹き飛ばされます。



    そしてここから


    白子画は、落ちた剣を拾った千骨ちゃんの手を上から握り

    journey_of_flower_01_03_016.jpg


    ついでに肩も抱き寄せ

    journey_of_flower_01_03_017.jpg


    ふたり一緒に飛び上がり

    journey_of_flower_01_03_018.jpg




    そして


    はいこれ

    journey_of_flower_01_03_019.jpg


    ふたりの初めての共同作業。


    journey_of_flower_01_03_020.jpg


    わー、パチパチパチ。



    で、第一話でいきなり結婚しちゃった(※してない)ふたりは、
    仲良くおうちに帰ります。





    せっかく持って帰ったお薬もむなしく、
    千骨パパは亡くなっちゃうわけですがー。

    白子画はね、ほんとは仙術を使えば助けられたんだよね。

    でも、下界で修業中は、一切仙術を使ってはいけないという
    決まりがあったから、ためらっているうちに
    千骨パパは、帰らぬ人に…。

    これ、フラグですよねー。

    絶対後でバレて、ヒロインは父を見殺しにされたことと、
    子画への愛の間でもんもんとするに違いない。


    しかし、問題はパパが亡くなったあとなんですが、


    父が亡くなったばかりだというのに


    ……なんですか、


    この


    journey_of_flower_01_03_021.jpg
    journey_of_flower_01_03_022.jpg
    journey_of_flower_01_03_023.jpg
    journey_of_flower_01_03_024.jpg
    journey_of_flower_01_03_025.jpg
    journey_of_flower_01_03_026.jpg
    journey_of_flower_01_03_027.jpg
    journey_of_flower_01_03_028.jpg



    ラブラブ新婚生活。



    ほっこりしてしまうではないですか(*´ω`)うふふふふ~

    (いや、パパはほんとに気の毒だったんですけどね…)



    千骨ちゃんは、今まで父親以外の愛情を知らず、
    そればかりか、周り中から疎まれて育ったから、

    初めて人から受けた優しさと温かさに、
    すっかりインプリンティングされちゃったんだろうなぁ。

    すなおでまっすぐだもんね。
    というか、あんなにいじめられ、迫害されて、
    よくこんなにいい子に育ったもんだ。。

    私だったら、ねじ曲がって口から火を吐いてるわきっと。


    やっぱヒロインが可愛い、共感できる、
    あるいは応援したくなるって、大事ですよねー。


    というわけで、1話は冒頭しか触れてないけど
    2話へ続く!


    しかし、、「第一話が一番幸せだった」というのだけは
    避けて欲しいわ…。(ありがちですけどね)



    ○おまけ○

    journey_of_flower_01_03_029.jpg

    ウォレスは、仙人姿も美しいけれども、
    人間の装いの時のほうがりりしいですなあ(*´ω`)


    関連記事

    Comment - 4

    2015.07.29
    Wed
    12:06

    ぴょんこ 

    URL

    おめでとうございます。

    響さま、こんにちは。

    ブログ開設、おめでとうございます〜パチパチパチ〜♪

    「花千骨」のツッコミ記事、読ませていただきました。
    はい!見事に笑わせていただきました。
    面白かったです♪
    いやぁ〜ドラマを見ていなくても笑えるって凄いです。
    響さんのお笑いセンス・・かなりツボに入りました。
    ちなみに私はまゆふと族です。ウォレスと一緒♪
    うっかりお手入れを怠ると、つながります(そんな?)

    これからもツッコミ記事(え?)を楽しみにしておりますね^^

    追伸・・
    響さんのお好きな俳優さんをみて
    思わずにんまり♪
    ますます楽しみになりました^^

    編集 | 返信 | 
    2015.07.29
    Wed
    14:31

    hisahisa 

    URL

    ブログ開設おめでとうございます♪

    響さん、お久しぶりですm(__)m

    お互いマイナーに生きてますよね~(^_^.)
    でも、響さんの方が姉さんとこではずっとメジャーですよ!!

    見ているドラマがほぼかすりもしていませんけど、やっていることが全く同じなので 翻訳 キャプ 突っ込み の大変さと面白さはすごーくわかります(^^)/

    >オール オア ナッシング
    >ゴセンジャー

    大笑いです!!しかもタイムリーですね(^^)v

    見たいドラマは多いですけど、どうしても「ぬりんこ」優先で見ているので、見られないドラマはここで楽しませていただきますね♪

    編集 | 返信 | 
    2015.07.29
    Wed
    20:15

    響 

    URL

    ありがとうございます♪

    ぴょんこさま、こんにちは!

    こんな僻地のブログにようこそ(笑)
    お祝いのお言葉、そして記念すべき初コメント、
    ありがとうございます♪

    花千骨のレビュー、アホすぎて自分でもどうかと
    思ったのですが、ネタバレもマイナーもものともせず
    楽しんでいただけて、ほんとに嬉しいです(*´ω`)

    わたしも放っておくとまゆふと族です(笑)
    お互い、お手入れは欠かせませんね(笑)

    好きな俳優も被ってたら嬉しいです!
    少しずつ更新出来たらなーと思いますので、
    またぜひ遊びにきてくださいませ(*・ω・)

    編集 | 返信 | 
    2015.07.29
    Wed
    20:21

    響 

    URL

    ありがとうございます!

    hisahisaさま、こんにちは。お久しぶりです♪

    うふふー、お互いいばらの道ですね(。・ω・)
    わたしはhisahisaさまのほうがメジャーだと
    思ってましたよ(世間一般においては・笑)。

    ゴセンジャーはタイムリーすぎて自分もビックリです(笑)

    そして、ここまで見事に見てるドラマが被らないのも
    ある意味すごいなーと思ってましたが(笑)、
    でもだからこそお互い、ネタバレを気にせず
    楽しめるというメリットもありますよね!

    わたしの翻訳スキルはhisahisaさまには遠く及びませんが、
    hisahisaさまなら、このマニアックな楽しみを
    きっと分かってくださると思ってました(笑)

    翻訳もキャプも、もう大変すぎて誰得なのって作業ですが、
    楽しいですよねぇ(笑)

    のんびり更新しますので、よかったら
    ぜひまたいらしてくださいませ(^.^)

    編集 | 返信 | 

    Latest Posts

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。