花千骨 第15話 レビュー『私はあなたたちふたりを、ずっと兄のように思ってきたの』

     15,2015 21:15
    journey_of_flower_15_03.jpg


    どうもみなさまこんにちは☆
    響です。ごきげんよう。


    えー、あちこちで勧められまくっていた
    『あさが来た』を見ました!!


    途中まではダイジェストしか見てないので
    すべてを完全に把握してるわけではないですが、
    とりあえず40話くらいまで追いつきました。


    やー


    あほぼん素敵(。・ω・)


    世の中、ディーンフジオカさんで沸いているみたいですが、
    わたしは断然あほぼん派ですね!(笑)


    そして、あさも可愛いし、はつも可憐だなぁ。
    ヒロインが可愛いのは本当に大事ですね(。・ω・)

    というわけで、これから日々、みなさまとご一緒に
    見守って参りたいと思います☆




    さて、花千骨です。

    第15話は大変苦労しました(。-ω-)

    いや、翻訳自体は、込み入った表現もなく、
    非常に楽な回だったんですが。


    では、どのへんで苦労したかというと



    子画が出て来ないから
    テンションが上がらない




    もうこれに尽きますね☆


    毎回、レビューのトップ画像は子画にすることに
    してるんですが、今回の子画の出番、1分(笑)

    キャプチャの選びようもありませんよ……。

    でも1分しか映ってないのに美しいショットが
    あるのがすごいんですけどね☆



    しかしおかげでキャプチャ撮りで難航しまして、
    もう2話ずつ訳すという宣言を破って、15話が終わったら
    すぐ琅琊榜に行っちゃおうかと思いましたよ。


    まあでも第16話は、姐姐も子画も出てきて
    大変楽しいので先に訳します☆

    そのあと、琅琊榜の第3話、第4話の予定です。


    しかし、切り換えが大変なので2話ずつにしたわけですが

    2話ずつだと、花千骨だけとか、琅琊榜だけ読みたい
    という人には、間隔が空き過ぎるなあという感触。。


    なので、次、琅琊榜を2話訳したあとは、
    やはり1話ずつのローテに持っていこうかと思っています。


    切り換えが大変なので、できるかわかりませんが(。・ω・)
    れっつチャレンジ☆

    でも出来なかったらごめんなさい(笑)



    というわけで、第15話のレビューです。

    予想はついてるかと思いますが、テンション低めです(笑)

    今回はさらっと流して(←)
    さくっと16話に行きましょう!


    ここから先は、例によってネタバレ全開です。
    ※話数以降のネタバレは、基本的にはありません。

    視聴済み、あるいはネタバレOKの方のみ、先へお進みください☆





    ++++++++++++++++++++





    第15話はですねー、苦労したと書きましたが、

    子画が出てこないことの他にも
    いくつか理由がありまして


    1.キャラクターの行動や心情に共感できなくてツライ2.ストーリー展開に無理がある3.いろいろ雑。

    の3点ですかね(。・ω・)


    なので今回は、全体的にちょっと
    重箱の隅的ツッコミですが、ご容赦を。





    千骨ちゃんの愛を勝ち取るべく、
    公平な立場で争うことにした
    東方(ドンファン)と孟玄朗(モン・シェンラン)。


    journey_of_flower_15_03_001.jpg



    千骨ちゃんを、同時に夕食に招くわけですが



    journey_of_flower_15_03_002.jpg



    筆跡が同じなんですけど!!



    やー


    ほとんどの人にはどうでもいいことかと
    思いますが(笑)

    私は、筆で書かれた文字や絵が好きなので
    (若曦の習字のシーンとか。あの四爺の
     お手本のレプリカが欲しい・笑)

    文字を書くシーンや、手紙などが出てくると
    つい筆跡を見てしまいます。



    まあ、東方は悪筆設定だし、孟玄朗は皇帝なので
    代筆なのだろうというのは理解できるんですが、


    じゃあ、同じ人に
    頼んだのか!!



    というね(。・ω・)


    そもそも東方の悪筆設定も、最初に入門試験を
    受けてる千骨にメッセージを残した時は、
    そこまで悪筆じゃなかったですしね?



    ○長留客桟で残した最初の手紙

    journey_of_flower_15_03_003.jpg



    ○絶情殿の千骨に送った手紙

    journey_of_flower_15_03_004.jpg




    花千骨は、こういうディティールが
    あまり凝ってないんですよね~(。・ω・)


    今回の招待状も、小道具担当が、あまり深く考えずに
    同じ人に両方書かせたと思われる(笑)



    琅琊榜は、ディティールがすごく凝っていて
    伏線の意味が明かされた瞬間、
    ゾクゾクして震えるんですが



    花千骨は、いろんな意味で
    作りが大雑把(笑)




    あ、でもそれが悪いという話ではありません。

    全部のドラマが同じテイストのほうがつまらないし(笑)



    不思議なことにドラマって、
    精細に作りこんであってもつまらないものもあるし

    いろいろ無理・矛盾・破綻だらけなのに
    引きずり込まれるほど魅力的なドラマもあるし



    そのへん、人間と同じだなあと思ったりします(。・ω・)





    で、ふたりから招待状を受け取った千骨ちゃんですが


    まず


    孟玄朗からの招待状を
    軽水にあげちゃいます。



    「はい☆」

    journey_of_flower_15_03_005.jpg



    ええええええええ



    やーほら中国って


    ・客人ウェルカム
    ・にぎやかなのはいいことだ
    ・客が多いことは人徳がある証



    的な空気とか文化とかが、
    日本よりはある気がするんですが、


    それにしても


    1.自分に来た招待状を勝手に共通の知人にあげる
    (一緒に連れていくのではなく、自分は行かない)
    2.自分は行かない旨の連絡をしない3.自分の代わりに別の人が行く旨の連絡もしない


    どれをとっても、現代日本人のわたし的には
    ありえないことなんですが、

    古代中国では普通なんでしょうか……(笑)



    千骨ちゃんが世間一般の礼節にそこまで
    疎いということもなさそうなんですが。


    ここは、ぜひ中国の方に聞いてみたい
    ところですねえ(。・ω・)





    で、孟玄朗の待つ皇宮別院へは、軽水が出向くわけですが


    journey_of_flower_15_03_006.jpg




    ここから先、いろいろありえないことが続きますね(笑)



    1.烈将軍のいろいろな勘違いぶり

    journey_of_flower_15_03_007.jpg



    いやー、もう、


    即、芋売りになっても
    いいレベル(。・ω・)






    2.孟玄朗が、声を聞いても軽水と気付かない

    journey_of_flower_15_03_008.jpg


    シルエットで分からないのは仕方ないとしても、
    好きな人の声を聞いて、分からないとか
    ありますかね?(。・ω・)


    何年も会ってなかった馬馥雅(マ・フーヤー)の声を、
    仮面をかぶっているにも関わらず聞きわけた
    連城(レンチョン(C)傾城の皇妃)を見習いたまえ!!(笑)





    3.七絶譜を読んだだけでいきなり神医って(-_-)

    journey_of_flower_15_03_009.jpg


    貧しい民に医術を施す、まではいいと思うんですが、
    どんな病でも治してしまうとかいうのは、
    さすがにちょっと盛り過ぎな気が(笑)





    4.仮病がバレバレすぎる

    journey_of_flower_15_03_010.jpg
    journey_of_flower_15_03_011.jpg




    後半のシリアス展開の前の息抜きパートで
    コメディ調に仕上げてるのはわかってるんですけど



    せっかく孟玄朗も東方も、千骨ちゃんへの
    気持ちは真剣なんだから、もう少し
    ときめく方法で競ってほしかった(笑)



    仮病合戦って
    なんじゃそりゃ!!




    ですよ(`ω´)


    もうちょっと、男らしい方法というか、
    心ときめく奪い合いはできなかったものか……(笑)







    そして一方、なんとか別院に入ろうと奮闘していた
    軽水は、ちょっと健気でしたが


    journey_of_flower_15_03_012.jpg





    「好きになってくれるならなんでもする!」


    journey_of_flower_15_03_013.jpg



    は、共感出来ないなあ(。・ω・)


    ここは個人の価値観なので、人によっては
    感動する人もいるかもしれませんが、


    わたしは、個人的には、そんな主体性のない
    相手には魅力を感じないので(。・ω・)ねー



    相手を気遣って、相手に合わせたりできる
    優しさや強さと、主体性がないことは
    別だと思うんですよねー。


    でもやっぱり、想いが届かなかったことと、
    「君のせいで病気になった」はちょっと
    気の毒でしたね、、。


    journey_of_flower_15_03_014.jpg


    優しくすると却って傷つけるという
    理屈はわかるけど、

    基本的にはとても善良な子なので、
    そこまで言って傷つける必要もないような。




    「だって他に方法がなかったんだもん」

    journey_of_flower_15_03_015.jpg






    そんなこんなで仮病がバレ、


    告白ターイム!!



    「皇后になってくれ!!」

    「あの時の約束を果たす!!」


    journey_of_flower_15_03_016.jpg



    とふたりして詰め寄るわけですが


    千骨ちゃんの答えは



    「ごめんなさい、
     私にはもう夫が」




    journey_of_flower_15_03_017.jpg




    あっさりフラれるふたり。




    journey_of_flower_15_03_018.jpg





    まあね、結果は見えてましたけどね(笑)


    というか、このふたりが、

    絶情殿での子画と千骨ちゃんのラブラブ新婚生活を、
    ほんの少しでも垣間見る機会があったなら、



    journey_of_flower_15_03_019.jpg
    journey_of_flower_15_03_020.jpg
    journey_of_flower_15_03_021.jpg
    journey_of_flower_15_03_022.jpg




    チャレンジする気も起きなかっただろうなあと
    思うと、それもまた気の毒、、(笑)




    でもな。

    わたしは、孟玄朗よりは東方寄りなので

    今回ちょっと、東方が切なかったですね。


    journey_of_flower_15_03_023.jpg
    journey_of_flower_15_03_024.jpg



    千骨を利用することを決め、
    子画のところへ送り込もうと画策したのは自分。


    だけど、自分がその千骨を愛してしまったのは
    彼にとっては想定外だっただろうし


    さらに自分が愛した相手が、別の男、
    しかも自分の復讐相手の子画を愛してしまうことは


    それが彼の復讐の代価なのだとしたら、
    とても切ない。





    あまりに気の毒なので、せめて今回の
    東方のイケメンショットを貼っておきますね(。・ω・)


    journey_of_flower_15_03_025.jpg


    や、このショット、イケメンだと思いません?(。・ω・)





    さて、蜀国を出た千骨たち一行は、
    太白山の援護に向かったわけですが


    道中、尹上漂の暗躍が始まりました。


    journey_of_flower_15_03_026.jpg



    そして、悪にも染まり切れず、
    かといって正道にも立ち戻れず、

    ためらいを色濃く滲ませる霓漫天。



    journey_of_flower_15_03_027.jpg





    そして、今回、漫天の



    「千骨、大丈夫?!」


    journey_of_flower_15_03_028.jpg


    を聞いた時、



    無理だと分かっていても


    戻ってきて!!!


    と思わずにいられませんでした、、。ううう。





    まあ



    あなた、千骨に毒
    盛ってたよね?(。・ω・)




    ともちょっと思いましたけどね(笑)





    ともかく、漫天は、背後から
    千骨に剣で切りつけてしまうのか?


    journey_of_flower_15_03_029.jpg
    journey_of_flower_15_03_030.jpg
    journey_of_flower_15_03_031.jpg



    というところで、以下次号!!です(。・ω・)





    で、第16話ですが、やっとやっと、


    姐姐が登場 です!!


    13話以来ですね~(。・ω・)w

    姐姐は、


    相変わらず美しく、そして楽しい


    です(笑)


    そして!!


    子画と千骨ちゃんの
    ときめくシーンも(*´Д`)



    どうぞお楽しみに~☆(笑)









    関連記事

    Comment 4

    2015.11.16
    Mon
    16:55

    ゆら 

    URL

    再禿同!

    v-22響さま こんにちは!

    体調はいかがですか?無理はされませんように!!!
    (あ、決して花千骨や琅琊榜の翻訳・レビューを読み
    たいが為ではないですよ・・ゴホッ)

    招待状の筆跡鑑定とは、響さま さすがです!
    (花千骨の設定は確かにユルイ)
    ホント、花千骨いつからスーパードクターに?
    私の数少ない宮廷古装劇視聴でも、侍医と呼ばれる
    方々は脈だけで病気や毒をピタリと当てるスーパー
    ドクター揃い。血が花を枯らすしか取り柄?のなかっ
    た花千骨、もしかして彼女の才能は無尽蔵の吸収力?

    ドラマ全体がお疲れ休みっぽい今回、白子画が1分
    しか出てないとは・・しかし、私にとって「霍建華は
    響さまの嫁」。他人の嫁には手を出しませぬv-354

    東方は回が進むに従って、イケメンに変貌しました。
    孟玄朗はすこぶる付きのいい人だけど、鼻の穴が大きく
    てちょっとバカボンに見える。2人の恋の鞘当ては笑う
    とこなんですけどね。

    私も霓漫天の「大丈夫?」で、彼女の心の中にはまだ
    花千骨を友達と思いたい気持ちがあると確信。
    引き返して欲しいのに。

    編集 | 返信 | 
    2015.11.16
    Mon
    18:11

    長恭四姉 

    URL

    やった!

    次回、とうとう姐姐の登場ですね!
    私、ずっと待ってた!(笑)

    編集 | 返信 | 
    2015.11.17
    Tue
    09:37

    響 

    URL

    To ゆら さま

    ゆらさま、こんにちは☆

    あ、もう体調はすっかりいいのです(笑)、
    ありがとうございます!

    印刷物なら、フォントかぶりってありますけど、
    手書きの筆文字で被るってありませんよねー(笑)

    史劇に出てくるお医者様って、どうしてみんな
    脈だけであんなにいろいろわかるんでしょうね
    (。・ω・) 毒薬も、きっちり○日で死ぬ薬とか。
    解毒薬飲んだ瞬間、すぐにケロリと治るとか(笑)

    現代でもありえないようなことが普通に起こる
    ので、突っ込んだらきりがないんですが、つい
    つい「ええええ」と思っちゃいますよねー(笑)

    ウォレスがうちの嫁だったら……ソファに
    座っててくれるだけでいいなー(笑)
    至れり尽くせりでお世話するのに☆(。・ω・)

    東方ね、わりとイケメンですよね?(。・ω・)
    あと孟玄朗の鼻の穴はわたしも気になって仕方
    ない……。彼、角度によっては美少年なんです
    けどね。普段は鼻の穴にばかり目が行っちゃい
    ます(。・ω・)いい子なのに、ごめんよ孟玄朗。

    なんかね。もう一度漫天の口から、千骨を
    気遣う言葉が聞けると思っていなかったので、
    余計に、ああ!と思いました。咄嗟の時こそ
    本音が出ますよね。でも、引き返しては……
    くれないだろうなぁ(。-ω-)くすん。

    編集 | 返信 | 
    2015.11.17
    Tue
    09:39

    響 

    URL

    To 長恭四姉 さま

    長恭四姉さま、こんにちは☆

    うふふ、やっと姐姐の登場です!
    わたしも待ってた!(笑)

    しかも今回は、出番が多めです。
    ご期待下さい☆

    編集 | 返信 | 

    Latest Posts